HOME > キャッシング経験

キャッシング経験によって健全な生活を得ることができました

社会人1年目〜3年目くらいの頃、キャッシングの甘い罠にはまったことがあります。

給料は少なく、でも、大学時代にアルバイトで稼いだ全てを旅行・洋服・飲食につぎ込んできた感覚が残っていて、社会人になってからも、その生活レベルから抜け出せませんでした。

キャッシングのカードを作ったのはアコムです。すぐに作れました。あっけないほどすぐに。拍子抜けしたことを今でも覚えています。

給料で足りなくなるとキャッシングをしてお金を得て、欲を満たしていました。

「キャッシングってとっても便利だ!」「空からお金が落ちてくる」くらいのことまで考えていました。

最初1万円、2万円だったのが、どんどん重なり、最終的には3年間で100万円ほどまで増えました。

限度額いっぱいになって借りれなくなったとき、ようやく現実に引き戻された気がします。

働かずして得たお金には、最後にしっぺがきました。今にして思うと、私は借りたお金は返さないことを、しっかり理解できていなかったのかもしれません。

今では利息だけの返済

今ではキャッシングで借りたお金を毎月返済するだけの日々です。キャッシングでお金を借りることはなくなりました。

毎月4〜5万円ほどをキャッシングの返済に充てていますが、30万円近い給与の30%も返済に充てて今使えないのかと思うと、
若いころにやってしまった過ちに、本当に頭にきます。

ただ、キャッシングを返済することで、毎日慎ましく生活することの面白さにも気が付きました。

お昼は毎日お弁当を作って持って行っています。ランチ代を浮かすためですが、体型維持にも役立っています。

飲み会も、参加するメンバーを見て、行く・いかないを決められるようになりました。いい意味で、周囲との付き合い方を選べるようになり、精神的疲労も少なくなったように感じます。

洋服も、気に入ったものをどんどん買っていくのではなく、かなり吟味して長く切られそうなものを買えるようになりました。おかげで、部屋のクローゼットには、私が気に入った洋服しかありません。

「ほんの少し」という気持ちで始めたキャッシングは、私にとって「健全な生活」をおくるための大きな試練だったようです。

MENU
キャッシング返済
返すことを想定
利息について
主婦でも利用できるのか
キャッシングを利用
キャッシング経験
キャッシングのメリット
アルバイトでも消費者金融
キャッシングについて
初めてなら