HOME > 返すことを想定

借りるときは返すことを想定すること

初めてキャッシングを利用したのは23歳の時です。
学生時代にポイントカード感覚で作ったカードに上限50万円のキャッシング機能があり、作った当初はキャッシングの機能について無知だった為使っていなかったのですが、なんとなく軽い気持ちで2万円借りたことがきっかけでした。
特にお金に困っていたわけではなく、単純に興味半分。
若かったこともあり、簡単にお金は手に入ったことから変な錯覚に陥ったのを覚えています。
返済は仮多額に応じて変化していくので、最初は数千円。
全く苦にならないものでした。
満額借りたとしても18000円ずつの返済でした。
その当時ならさほど影響はなく、本当に安易だったと思います。
それでも、毎回全額返済を心がけていました。
それから、また薦められるまま今度はキャッシング専用のカードを作りました。
それも上限50万円で、合わせて100万円のゆとりができたという感覚でした。
その会社は最初に作ったカード会社と提携していたので安心してカードを作ることに同意しました。
作ったからといって使うこともなかったので、財布の中にしまいっぱなしだったのですが、その後結婚をして子供が生まれ専業主婦になった時に主人が体調を崩し主婦交代。
バイトを始めたものの私の収入だけでは生活は苦しくなる一方でした。
最初はなんとかやっていたのですが、主人の通院費や当時住んでいた家がLPガスで公共料金も都市ガスで一人暮らししていた時より上がったりとお金は給料日にほとんどなくなるようになりました。
そこで、生活費にとまたキャッシングをするようになりました。
借りた額よりも返済する額は少ないのに、更にその翌月も借り手を繰り返した結果50万はあっという間でした。
その後も主人の体調は悪くなるばかりで仕事もろくにできなくなる期間ができ、体調の回復が見えた頃には二つのカードは満額に近くなっていました。

いまでも返済中

今も返済は続いていますが、今の所収入も安定したのでキャッシングのお世話にはなっていませんが、いつどういう状況に自分が立たされるのか分からないので利用目的を明確にした上でカードを作るようにした方がいいと勉強になりました。
カードを何枚も持つのも良くないと思います。
最近ではおまとめローンといった会社もあるようですが、それにも審査があるため確実にまとめられるかは分かりません。
利子が安いからといってとりあえず作った時点でカードは増える訳ですから得策ではありません。
若気の至りとはいえ、あくまでもキャッシングは借金ですから計画的に慎重に行くべきだったと反省しています。
遊びのためにというのは絶対に良くないなとも思います。
それでも、このキャッシング機能があったから無事に過ごせたことも事実なのでありがたい気持ちはあります。
知識がないって言うのは本当に怖いと思いました。
もう少しこれからはキャッシングのメリットデメリットを考えながら利用していきたいです。

MENU
キャッシング返済
返すことを想定
利息について
主婦でも利用できるのか
キャッシングを利用
キャッシング経験
キャッシングのメリット
アルバイトでも消費者金融
キャッシングについて
初めてなら